地域への取り組み

CSR(企業の社会的責任)宣言

私たちは、『末永く安心しておつきあいいただける熊本トヨペットを目指し、地域に根ざした事業活動を通じて地域社会に貢献する』という企業理念のもと、法およびその精神を遵守し、オープンでフェアな企業活動を通じて信頼される企業を目指し、全てのステークホルダーを重視した活動を行い、地域社会、地球環境の持続可能な展開に貢献します。

詳しくはこちらをご覧ください

熊本トヨペットがこれまで取り組んできた、環境保全など地域での活動をご紹介します。

2017年度 春の「トヨタ交通安全キャンペーン」を実施

トヨタ交通安全キャンペーン
県内の幼稚園・保育園・認定こども園に交通安全教材「絵本・紙芝居」を寄贈しました。

県内のトヨタ販売店グループ5社は、春の全国交通安全運動(4月6日~15日)に呼応し、4月1日から4月30日の1ヶ月間にかけて「幼児の飛び出し事故防止」を重点テーマに、春の「トヨタ交通安全キャンペーン」を実施します。
これに伴い、交通安全教材としての絵本を県内の幼稚園・保育園・認定こども園の全園児に、交通安全紙芝居を県内の幼稚園・保育園・認定こども園へ贈呈させて頂きました。
当該活動は1969年より毎年実施しており、本年で49年目を迎えました。
4月20日に熊本県庁にて行われた贈呈式には、県内の幼稚園と保育園の代表と、県下のトヨタ自動車販売店グループ5社の代表者が出席し、とても和やかな贈呈式が行われました。

第42回ふれあいグリーンキャンペーン

ふれあいグリーンキャンペーン

熊本トヨペット(株)は、地域に根ざした環境保全・緑化活動として、“人の心に緑の憩いを”をスローガンに、本年も4月~8月の5ヵ月間、国土緑化推進機構の協賛を得て、トヨタ自動車株式会社と共同で「第42回 ふれあいグリーンキャンペーン」を開催します。
当キャンペーンは1976年より毎年展開しているもので、本年で42回目を迎えます。
今回は、当キャンペーンの一環として、水の蒸発による温度低減効果が高い環境改善植物クチナシ「ヴァルト 分類:アカネ科クチナシ属 常緑低木(大気洗浄化能力が高いクチナシを品種改良し、更に能力が向上)」を熊本市へ、またクチナシ同様蒸散量が多く水の蒸発による温度低減効果が高い環境改善植物チェリーセイジ「キルシェレッド・キルシェピンク」 分類:シソ科サルビア属 半常緑低木」をはじめ、クチナシ「ヴァルト 分類:アカネ科クチナシ属 常緑低木」、ラベンダー「ラビットイヤーズイエロー・ラビットイヤーズパープル 分類:シソ科ラヴァンデュラ属 常緑低木」、ローズマリー「グレースフルピンク・ラルムテール 分類:シソ科 常緑低木」を益城町へ下記要領にて実施いたしました。
また、この式典には2017ミス・インターナショナル日本代表の筒井 菜月(つつい なつき)さんが「緑の大使」として参加し、苗木を両自治体に寄贈して緑の大切さを伝えました。
今回の贈呈で、県下に累計29,600本余の樹々を贈らせていただきました。

日時 平成29年4月6日(木)
場所 ◎熊本市役所 11:00~11:30
◎益城町役場 13:00~13:30
主催 熊本トヨペット株式会社
トヨタ自動車株式会社
協賛 公益社団法人 国土緑化推進機構
主な出席者 【寄贈先】
熊本市/熊本市長 大西 一史様
益城町/益城町長 西村 博則様

【寄贈側】
熊本トヨペット株式会社
代表取締役社長 齊藤 文夫
内容 1.苗木贈呈
2.国土緑化推進機構からのメッセージ披露・贈呈
寄贈本数 【熊本市】
◎クチナシ
「ヴァルト」 1200ポット

【益城町】
◎チェリーセイジ
「キルシェレッド」 336ポット
「キルシェピンク」 228ポット
◎ラベンダー
「ラビットイヤーズ・イエロー」 48ポット
「ラビットイヤーズ・パープル」 144ポット
◎ローズマリー
「グレースフルピンク」 48ポット
「ラルムテール」 48ポット